ベビー用品のレンタル

ベビー用品と言っても、その種類は多くあります。各家庭によって何が必要なベビー用品で、何が不要なベビー用品か・・・は違いますが、一般的にベビー用品といって思い浮かぶのは、ベビーベッド・ベビーチェア・ベビーサークル・・・等でしょうか。

一昔前までは、これらベビー用品のうち、必要なものは購入するのが普通でした。本当に不要なものであれば買う必要はありませんが、ベビー用品は決して安いものではありませんし、かといって長い期間使えるものでもありません。そのため、「もったいないなぁ・・・」という理由で購入しない=利用しない家庭も少なくなかったと思います。

例えば、ベビーベッド。ベビー布団は必要ですが、ベビーベッドはあってもなくても良いものですよね。しかし、ベビーベッドにはベビーベッドのメリットがあります。「本当はベビーベッドを利用したいし、ベビーベッドを置くスペースもあるのだけれど、でも購入するのはもったいない・・・」と考えている家庭では、やはりベビーベッドは購入しませんよね。

しかし現在には、ベビー用品のレンタルサービスを行っている業者が多く存在しています。もちろん有料ですが、購入するわけではなく、あくまで一定期間借りるだけですから、使い終わったら返却すれば良いので、使い終わった後に収納するスペースを作る必要がありません。ベビー用品のレンタル業者によって、設定されているレンタル期間やレンタル料は違ってきますが、それでも購入して、すぐ使わなくなり、邪魔だけれど仕方ないから納戸に仕舞っているよりかは、使いたい期間だけ使い、その使用期間分だけのレンタル料金を支払い、使い終わったら返す・・・という方が、経済的な面でもスペース的な面でも、便利ですよね。

また、先程と同じくベビーベッドを例に出すと、ベビーベッドを購入したものの使わなかった・・・という家庭もあります。親としては、ベビーベッドに寝かせるつもりだったのに、赤ちゃんの寝つきが悪いために抱っこやおんぶで寝かしつけ、そして寝たと思った時にベビーベッドに置こうとすると、また起きて泣く。仕方ないからお母さんの布団に添い寝していたら、次第にそれが癖になり、添い寝でないと眠らなくなった・・・という話は、決して珍しいことではありません。そして思うんですよね、「ベビーベッドは買わなければ良かった」と。もちろん、ベビーベッドにすんなり眠ってくれる赤ちゃんもいます。これはもう赤ちゃんの個性というか、ベビーベッドで寝るか寝ないか・・・は個人差がありますので、実際に赤ちゃんが生まれてからお世話しないことにはわからない部分も多いんですよね。ですから、「お試し」という感覚で、ベビーベッドをレンタルするのも良いかと思います。レンタルして様子を見る・・・という感じですね。もちろん、レンタルしたベビーベッドではすんなり寝てくれたから・・・と新しくベビーベッドを購入してみたら、寝心地が変わったからなのか、ベビーベッドで眠らなくなってしまったといパターンもあるんですけどね。

ベビーベッドもベビーチェアもベビーサークルもベビーカーも、一定の期間でしか使用しませんから、ほんの数ヶ月のために高いお金を出すのは、確かにもったいないと言えばもったいないですから、そういった方は、購入するよりもレンタルした方が良いかもしれませんね。

ただ、だからといって、購入するよりもレンタルした方が断然良い!というわけでもありません。各家庭によって感じ方・考え方は違いますよね。そもそも、レンタル業者が取り扱っているベビー用品をきちんと管理しているとはいっても、「他人も使ったものを使いたくない」という方も結構いらっしゃるでしょうしね。使用するのが赤ちゃんだからこそ、そういった面は気になるかもしれません。更に、将来的には複数人の子どもが欲しいと考えている方であれば、お子さんが生まれる度にレンタルするよりかは、最初のお子さんの時に購入して、弟・妹ができた時にもそれを使用した方がトータル的に見れば安い場合もあります。

ベビー用品を購入するか、ベビー用品をレンタルするか、どちらが良いとは一概に言い切ることはできませんが、しかし、「ベビー用品をレンタルする方法もある」ということを知っていれば、選択肢も広がりますし、各家庭にあった使い方ができるのではないかな、と思います。

このベビー用品のレンタルサービスを利用する場合は、利用する業者へ会員登録する必要があります。公式サイトにある会員登録用のメールフォームがありますので、必要事項を入力・選択し、会員登録を行ってください。業者によって違いますが、ほとんどの業者が会員登録料・年会費・月額費・・・等は無料となっています。会員登録後、レンタルしたい商品を選び、レンタル期間、レンタル開始日(配送日)・・・などを選択すると、自動でレンタル料金が計算されるはずですので、確認してください。問題がなければそれで申込みます。返却する場合は、それこそレンタル業者、またはレンタルするベビー用品によって異なります。業者が回収しに直接自宅へ取りにきてくれるところもあれば、専用ボックスにベビー用品を入れて、同梱されていた返送用宛名用紙を貼り、しっかり梱包してから配送業者へ集荷依頼して返却するようになっているところもあります。大抵の場合、ベビーベッドなどの組立てが必要なベビー用品は、直接業者が配達し、組立・解体をしてくれるのですが、絶対とは言い切ることはできませんので、申込む前に確認する必要があります。また、申込む前に確認しておかなくてはならない点は、万が一、利用者の過失でベビー用品を壊してしまった場合についてです。ほとんどの場合、利用者が原因で破損してしまったのであれば、その修理費用は利用者負担となるのですが、破損の状況・原因によっては、業者が負担する場合もあります。しかし、業者によって条件等も、破損した場合の対応なども違いますので、事前に必ず確認してくださいね。

なお、取り扱っているベビー用品は、各業者によって異なっているものの、ベビーベッド・ベビーチェア・ベビーサークル・ベビーカーの他、ベビーラック・チャイルドシート・ベビー家具・ベビースケール(体重計)・ベビーバス・・・などがあります。他にも、一度しか赤ちゃんに着せないようなお宮参りなどのセレモニー用品を取り扱っているところもあります。

ベビーベッドをレンタルする

2016/3/15

ベビーベッドは、赤ちゃんが安心して健やかに眠ることができるように考えられた、赤ちゃん専用ベッドのです。多くのメーカーから、様々なベビーベッドが販売されていますが、一般的には、赤ちゃんがベッドから落ちてしまわないように柵などで周囲をかこみ、更にその4面のうちの1面が、オムツ替え・着替えの際に赤ちゃんのお世話をしやすいように柵を下げられるようになっているものがほとんどです。

もちろん、ベビーベッドは絶対に必要なものだというわけではありません。各家庭での居住状況も違うでしょうし、両親がベッドを使っているのかそうでないか・・・によっても違ってきますよね。ただ、ベビーベッドを使用することで、布団の通気性が良くなったり、部屋の埃を赤ちゃんがかぶってしまうことを抑えることができたり・・・というメリットも多くあるんですよね。

続きはコチラ

フェリシモのだっこひも

2016/3/15

フェリシモだっこひもは先輩ママ一押しのアイテムとして大人気となっています。シンプルなデザインにリーズナブルな価格、密着しているので赤ちゃんも安心といろいろな魅力が詰まっています。シンプルな作りなだけにフェリシモ風に手作りする方も多く、作り方も簡単なのでチャレンジしてみるのもよいでしょう。

フェリシモだっこひも人気の秘密

フェリシモのだっこひもはママさんの間で大人気となっています。使いやすい、価格がリーズナブルと魅力的な面がいっぱいなのです。

続きはコチラ

ベビーカーのレンタル

2016/3/10

ベビーカーにはA型とB型の2つに大きく分けることができます。A型のベビーカーは、まだ首が坐っていない生後3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんでも乗せることができるように、背もたれをフラットまで倒せるように設計されています。

生後1ヶ月頃からベビーカーを使用したい場合は、A型のベビーカーを購入する日超があります。背もたれは、通常のイスほどの傾斜まで起こすことができるので、首が坐り始めた5ヶ月頃の赤ちゃんでも、腰が坐り始める6ヶ月~7ヶ月頃の赤ちゃんでも、そのままA型のベビーカーを使い続けることがカのです。背もたれをフラットまで倒すことができるのはA型にしかない大きな特徴ですが、A型ベビーカーの定義としては、リクライニング機能があり、背もたれの角度は一番起こした状態で110度、そして背もたれを一番倒した上体で150度以上と決められているのだそうです。2歳くらいまで使用することができます。

続きはコチラ

ベビーチェアをレンタルする

2016/3/5

ベビーチェアは、赤ちゃん専用のイスのことです。大人用のイスは赤ちゃんに合ったイスではありませんから、たとえお座りできる赤ちゃんであっても、そこにただ座るだけなら出来るかもしれませんが、そのイスに座って食事をするのは、やはり無理がありますよね。食事時の姿勢を赤ちゃんに習慣づけることもできなくなってしまいます。

やはり、赤ちゃんには赤ちゃんの身体の大きさに合ったイスが必要であり、そしてそのためのベビー用品がベビーチェアなんですね。赤ちゃんは、1年の間に驚くほど成長します。ベビーチェアは、そのそれぞれの成長に合わせて調整することができますので、種類によってはわりと長い期間使用することができます。

続きはコチラ

ベビーサークルをレンタル

2016/2/15

ベビーサークルとは、乳幼児を遊ばせるための安全な場所を確保するために使用する組立式の囲いのことです。寝て過ごすことが多い時期の赤ちゃんは、まだ自分で動きまわることもできませんし、目を離してはいけないものの、それでも赤ちゃんの動きに対してそこまで神経質になることはあまりないと思います。

しかし、寝返りを打てるようになり、ハイハイができるようになれば、行動範囲も広がり、家具などで頭をぶつけたり、口に入れてはいけないものを入れてしまったり、ストーブなどに近づいてしまったり・・・と、何が起こるかわかりません。

続きはコチラ